+

Web二人誌【蔦-TSUTA-】

2007年07月の更新履歴 [前月]  [次月]

--/--/--
スポンサー広告] スポンサーサイト
2007/07/26
お題小町:10題※完了] 大嫌い-里枝
2007/07/15
お題小町:10題※完了] カフェオレ-あおは
2007/07/15
お題小町:10題※完了] カフェオレ-里枝
2007/07/05
お題小町:10題※完了] 小雨-里枝
2007/07/05
お題小町:10題※完了] 小雨-あおは

 概要:[スポンサー広告] スポンサーサイト

 概要:[お題小町:10題※完了] 大嫌い-里枝

世界中で一番好きになったあなたを 世界中で一番嫌いになったときを 私は一生忘れない 心の底から愛していた自分と そんな私に同情で傍に居たあなた 眼前に突きつけられたとき あなたを初めて憎いと思った 私はみっともなく泣いた 瞼が腫れたが どうでも良かった 何も知らず あなたを好きだった頃に戻りたかった それが叶わないなら あなたなんかと出会わなければ良かった 下唇を噛み締めて 今の私が唯一出来ること 「忘却」の海...

 概要:[お題小町:10題※完了] カフェオレ-あおは

カフェオレ色の濁流に 全部流されてしまえ いつもは穏やかに光写す川面も 川原に遊ぶ人の影も やわらかくそよぐ葉も 全部壊して 全部流して 呑み込んで 巻き込んで 流してしまえばいい 時間さえ やがて空は青く輝き 今までもこれからもそうであるような顔で 過ぎた荒々しささえ 懐かしく思う 汗をかくグラスの中の思い出...

 概要:[お題小町:10題※完了] カフェオレ-里枝

行き着けの喫茶店で飲むのは いつもカフェオレ 仄苦く やや甘い 茶濁色の液体 ふわりと上がる湯気の優しさ 幼い己を思い出させるぬくみは この歳になって気付いた 父の優しさ 母の孤独 を思い出させ 還るべき故郷を 喪った者が抱く郷愁を掻き立てる  確かあの頃は珈琲牛乳と呼んでいた  苦さを隠し甘ったるい優しい色をしていた カフェオレは柔らかく口腔に広がり 苦味も甘味も舌に乗せると 今日まで過ごしてきた長い日々を ...

 概要:[お題小町:10題※完了] 小雨-里枝

信号待ちをしていると 空から ポツ ポツ  と小雨が降ってきた しっとりと無言で 空が泣いていた 丁度傘は持っていたから 涙が伝染しないように 傘を広げた 何が悲しくて空は泣くのだろう 痛みも 苦しみも 鎮めていく 視界をおぼろげにしていく小雨 あなたの悲しみが 地面に黒い染みとして刻まれていく 束の間 曇天を仰ぐ 灰色一色のモノクロが眼前に広がる どんな辛いことがあったか分からないが あなたの孤独が早く終わる...

 概要:[お題小町:10題※完了] 小雨-あおは

やわらかく抱く腕に しとしとと雨が降る 意思をも感じる髪に しとしとと雨がふる 持ち上げた顎に  伏せられた瞼に しとしとと雨が降る しとしとと雨が降る 滑らかな肌を伝う雫は 大地に吸われ 君は立ち上がり 大きく咲くのだろう きらめく水のこぼれる 真っ白なあじさいの花 ※拍手ありがとうございました。 感謝感謝です!...

+
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。